「ニュースレター販促」を成功させる方法 第3話

98いよいよ、「売れるニュースレター」を作成するポイントを説明します。

残念ながら、世の中には定期的にニュースレターを発行しているにも関わらず、大きな効果を得られない会社(お店)が少なくありません。
ただ単にニュースレターを発行すれば商売繁盛が実現するわけではありません。
あくまでもニュースレターは「正しい表現・正しい方法」で発行しなければ高い効果は得られません。

以下、「5つの基本ポイント」をまとめましたのでご紹介します。

売れるニュースレターをつくる5つの基本ポイント

1. 消費者は「売り込み」を嫌う。タイトルは「読み物」を意識して命名しよう!

ニュースレターのタイトルにはなるべく「○○新聞」や「○○通信」というふうに「読み物風のタイトル」を付けるようにしてください。
「新聞」や「通信」というワードが付いているだけで、読者(お客様)は読み物であると認識してくれるようになり、ニュースレターの精読率が上がる効果が得られます。

2. 店長やスタッフの個人情報を多く盛り込みましょう!

第2話でも説明した通り、中小企業の武器は「人」と「価値」ですから、ニュースレターではなるべく人のコンテンツを掲載するようにしてください。
チラシやパンフレットで「商品」を売り込み、ニュースレターでは「人」を売り込むイメージです。

3. 読みやすい文章・デザインを心がけよう!

「ニュースレター販促」を成功させる最大のコツの1つが精読率を高めることです。
高齢客が多いのに文字が小さかったら読んでもらえないし、難しい用語や専門用語も理解不能です。また、デザインも常に「読みやすさ」を意識しながらつくるようにしてください。

4. 写真やイラスト、4コマ漫画を掲載しよう!

ニュースレターに写真やイラスト、4コマ漫画を掲載すると「楽しそう!」と感じてもらえるようになります。
ほとんどの消費者は「楽しいもの」が大好きなので、楽しそうなニュースレターはそのまま精読率も上がる効果があります。

5. 商品・サービス情報は「価値」を伝えよう!

これは第2話で説明した通りです。
それ以外に、アドバイス情報も効果的です。
消費者の多くが商品・サービスを購入する際、明確な判断基準を持ち併せていません。
その道の専門家ではないから当然です。
そこで、消費者は心のどこかで「アドバイスしてくれる人」を求めています。
「押し売りする人」ではなく「アドバイスしてくれる人」です。
だから、ニュースレターに商品・サービス情報を掲載する場合は、商品・サービスの使い方や類似商品との違い、お客様がその商品を使うことで得られるメリットなどを書くといいですね。

…以上の「5つの基本ポイント」は、ニュースレターを作成する上で基本事項となりますので必ず実践するようにしてくださいね。

さらに、当サービスにお申し込みいただきますと、
・リピート促進ツールであるニュースレターで新規客を獲得する方法
・印刷コストを下げる最も効果的な発行部数の決め方
・お客様をファン化させる文章作成術
など、さらなる「作成・運営ノウハウ」をお届けいたします。

そして、いよいよ次ページがラストです!

本サービスに関するご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。 TEL 092-411-3758 営業時間 9:00~19:00 ( 土・日・祝日除く )

PAGETOP
Copyright © 株式会社ザッツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.